メインイメージ画像

ソフトウェアはセキュリティ面を考えてアップデートの必要がある

パソコンは急速に普及してきました。最近は会社についても、プライベートについてもパソコンが欠かせない世界になりました。特に会社では、もはやパソコンが使えないと仕事にならないレベルまで普及しています。それと同時に、様々な種類のソフトウェアが世の中に出てきています。ソフトウェアの分かりやすい例としては、パソコンに入っている文章作成ソフトなどが一般的なものです。

厳密に言えば、インターネットでよく使う閲覧サイトであるブラウザなどもソフトウェアに区分けされます。上記のような代表的なソフトウェアだけでなく、仕事上利用するような会計ソフトも含まれ、今ではパソコンを利用する人なら誰でも必須となるのがソフトウェアです。このソフトウェアは一回買えば永久的に使用できるという仕組みではありません。年月が過ぎると、どんどん最新版に更新されるので、購入後も更新が必要になります。無料でアップデートできるソフトウェアもあれば、有料のアップデートも存在しますので消費者としては戸惑うかもしれません。

しかし、パソコンを含むネットの世界はいつも進化しており、成長しています。アップデートをせずにソフトウェアをそのまま利用することも可能ではありますが、そのうちにハードウェアとの相性が悪くなる可能性もあります。

またソフトウェアを販売しているメーカーが、古いバージョンのソフトウェアについての対応を終わりにするということもあり得ます。最近で言えば、市場で大人気だったバージョンの製造会社のサポートが打ち切りとなりました。

ただし、そうしたバージョンを使い続けている人がいなくなったかというと、そういうわけではありません。会社や企業においてはそのバージョンから撤退したところがほとんどですが、個人でパソコンを持っている人たちはそのまま使い続けている場合もあります。もちろんサポートが終わったというだけで支障がなければそのまま使用できますが、セキュリティの問題点からいっても最新版が一番安心できます。もしなんらかの不具合が起これば、その場合は迷いなくアップデートする必要があります。

更新情報